通販物流

サービス導入の背景

出荷リードタイムを短縮させたい

流行のアパレル・雑貨商品を取り扱うインターネット通信販売企業様では、多品種多頻度投入商品、多数のベンダー管理業務が滞った影響などからこれまで顧客の受注から出荷までのリードタイムを短縮することが困難でした。
出荷遅延が続くこともあり、新商品の投入が相次ぐ業界だけに販売機会損失など深刻な経営課題となっていました。

通販物流ソリューションとは

SGL通販オペレーションメソッドの導入

通信販売では商品の入荷から販売・出荷・お届けまで滞留のない物流オペレーションが求められます。それを実現したのがSGL通販オペレーションメソッドです。

SGL現場オペレーションマネジメント

導入したサービスの概要

独自開発のWMS※1

ムダのない作業とスペースの活用のため、SGLが独自に設計・開発したWMSを導入。立ち上げから通常稼働時まで抜群の安定性を誇るシステムです。

WMSに連動した現場オペレーションマネジメント

WMSでは現場作業がリアルタイムで見える化され、出荷作業におけるトラブルや非効率な作業状況が一目でわかるため、その状況に合わせた軌道修正を行い、全体の作業管理を行います。

実績データの分析によるレベルアップ

WMSに蓄積される入出荷実績や各種作業実績から分析。作業実績レビューから改善課題を明らかにします。

サービスの効果・お客様からの声

サービスの効果

  • リアルタイムで各個々人の出荷作業や各工程ごとの進捗状況が把握でき、滞って いる作業工程のリカバリーもリアルタイムで行うことができ、出荷リードタイムの短縮を実現しました。
  • あるインターネット通信販売企業様とは、予め条件を設定した上「当日入荷・当日 出荷」の通販対応型クロスドックオペレーション※2を可能にし、在庫日数も極小化する ことで当該通販企業様のキャッ シュフローの改善と消費者の満足度向上を実現しました。
  • 抜群の安定稼働を継続し、システムトラブルや作業遅滞のない物流センター運営が 可能になったとお客様より高く評価いただいています。
  • WMSと連動した効果的なハンディーターミナル※3の活用により、ある通信販売企業様 では棚卸時の在庫差異率と誤出荷率が格段に改善されたと好評いただいています。

用語解説

※1WMS
・・・倉庫管理システム(Warehouse Management System)の略。
※2通販対応型クロスドックオペレーション
・・・物流センターに着荷した当日にその着荷商品の中から出荷が決まっているものを選別・抽出して、在庫から出庫する他の商品と共に梱包・出荷するオペレーション。
※3ハンディーターミナル
・・・WMSとリアルタイムでデータをやり取りする携帯端末。バーコードスキャナー機能を備えている。
お問い合わせ
営業開発部
TEL : 03-6220-3161
お問い合わせ

このページの上部へ